HGST製HDDはもう購入すべきでない

HGST製のHDDは極めて高いアフターサービスリスクにさらされている。

要するに、
・WDは2011年にHGSTを日立製作所から買収。
・HGSTブランドのWDブランドへの移管をWDが2018年3月に発表。HGSTブランドの事実上の廃止を宣言。
・詳細な時期は不明だが2018年秋ころからHGST公式サイトがすでに閉鎖済み(アクセスすると自動的にWDのサイトに飛ぶようになる)。
・HGST製品のアフターサービスについて(中国支社ではあるが)WDが「HGSTブランドのアフターサービスは一切引き継がない。アフターサービスはすべて代理店対応になる。ファームウェアの更新も今後一切しない。」と回答。
・中国のHGST代理店が音信不通(夜逃げ疑惑)、一部販売店がHGST製品に対してSeagateの同等製品に交換する独自対応を打ち出し。

つまり、3年間保証のNAS向けHDDと5年間保証と謳っていたエンタプライス向けHDDの保証が責任の所在が不明なまま、宙に浮く形となってしまっており、今後も改善が見込めないだろう。
Backblaze社が公表している運用実績で素晴らしい成績を残したHGSTですが、ライバル社の無責任な買収によってなんとも無様な最期を遂げた。

HGSTの日本での扱いがよくわかりませんが、すでにHGST製品を運用されているかたは、一度販売店か代理店さんにお問い合わせしてみたほうが良いのではないでしょうか。

SEAGATEとHGSTの話

最近はマニアックなトピックが続いていますが、先日HDD事件の続報です(笑)。

手持ちの4TBのHDD二枚に、新規でHGSTのエンタプライズクラス4TBモデルを2枚購入し、不安要素の残るSeagateをすべて取り替えるついでに、3TB✕4枚のRAID-Z1を4TB✕4枚にアップグレードしました。これでNAS四号機がめでたく4TB✕8枚という構成になりました(4枚ずつRAID-Z1組んで分割して運用していますが)。

変更前(RAID-Z1)
①HGSTの3TBのやつ
②Seagate ST3000DM001
③Seagate ST3000DM001
④Seagate ST3000DM001

変更後(RAID-Z1)
①HGST 4TB 7200RPM HUS726040ALE610
②HGST 4TB 7200RPM HUS726040ALE610
③WD RED 4TB WD40EFRX
④WD RED 4TB WD40EFRX

HGST✕2枚、WD✕2枚ずつRAID-Z1組んで、いい感じにバラけたのではありませんでしょうか。欠陥品リスクもこれである程度抑えられるといいですね。

同じ製品ばかり使っていると、Seagateみたいな欠陥製品のリスクが増大します。しかし大量発注しないとコストが下がりません。システム屋の方は、常にこのようなジレンマと対峙しているのではないでしょうか(笑)。
(Seagateディスり過ぎたかなwwwブーメランにならなければ良いのですが…)

ST3000DM001の話

FreeNASで運用中のNAS四号機のST3000DM001が「ジィーーーーガチャガチャガチャガチャ」とこの世の音とは思えない凄まじい異音がでたので、システム上エラーは出てないが怖くなって大至急交換しました。RAIDの再構築も3時間程度で完了したが、実はこのRAIDにまだ悪名高い同じ型番のHDDが2枚も残っているのですよ…

今回のRAIDの構成:RAID-Z1(HDD一枚まで故障耐性あり)
①HGSTの3TBのやつ
②Seagate ST3000DM001
③Seagate ST3000DM001
④Seagate ST3000DM001→緊急でWD40EFRX(俗にWD Red)の再生品※へ交換
(※以前WD Redが壊れたときに修理に出して帰ってきたやつで、一応全セクタスキャンしてBADがないことを確認している…)

結局SeagateもWDも当てにならず、去年の後半からはHGSTしか買っていない。これから残ったST3000DM001を徐々にHGSTの4TBモデルへ置き換えていこうかな…

FreeNAS Corral (FreeNAS 10)宣告死亡

FreeNAS是由iXsystems开发的,基于FreeBSD Unix的64位开源NAS(网络附加存储)操作系统,基于BSD许可证发布,支持ZFS文件系统,具有iSCSI、软RAID、数据加密等功能,同时具备iTunes服务器、DAAP服务器、苹果Time Machine等功能,通过安装插件可作为媒体服务器(DLNA)运用。

FreeNAS最初起步于2005年10月,历经分家(先后分支出基于Debian的OpenMediaVault和同样基于FreeBSD的NAS4Free等系统)、开发人员离职等,于2017年3月发布了基于FreeBSD 10.3 RC3的FreeNAS 9.10。FreeNAS 9系列经历多年开发和改进,具有存储服务器所需的较高的性能和稳定性,为喜爱DIY的极客用户群和部分商业用户、研究机关所采用。同时,iXsystems还分别面向个人和商业用户推出了硬件解决方案和技术支持服务。

但是,由于FreeNAS 9系列年代较为久远,用户界面风格还停留在较为原始的风格,对于虚拟化的支持也不够理想。因此,作为下一代FreeNAS版本FreeNAS 10,iXsystems加入了原生CLI,使用HTML5等最新技术重写了WEB UI,并通过加入系统中间层(Middleware Agent)极大增强了系统的可扩展性和柔软性,同时宣布支持Docker Container和bhyve。FreeNAS 10的Alpha版本最早发布于2015年10月,后正式命名为FreeNAS Corral,并于计划于2017年3月正式发布。

然而,FreeNAS Corral也并非全是优点。不仅系统占用空间大幅增加,随着功能的增多,系统在一些较旧的硬件上的性能出现下降。此外,很多用户在从9升级到(官方说法是“迁移[migration]”而非“升级[upgrade]”)10升级后系统欠缺稳定性,各种bug频发。如卷、共享、服务的设定遭到重置,WEB UI无法保存设置,Update Train默认被设定在Nightlies频道,LAGG出现问题,浏览器兼容性出现问题(主要是Mac)。UEFI引导安装程序进行全新安装时在部分环境下出现兼容问题。此外,jails、SMB和iSCSI等功能缺失是最严重的短板。因此,几乎半数用户迁移到Corral后都选择了回滚到9(官方说法)。

面对这种情况,iXsystems于2017年4月12日发布声明,在关闭9.x到Corral的升级通道的同时,停止Corral下载,并将Corral的地位从Release(发布版)降格为Technology Preview(技术预览版)。不过,声明同时表示Corral的部分特性和新技术于5月份以FreeNAS 9.10.3更新的形式提供给现有用户,包括全新的WEB UI、FreeBSD 11-stable(提供Kaby Lake系列CPU支持)和Docker支持。

不过,从Corral的品质和完成度来看,我个人不得不怀疑9.10.3能否成为一个稳定的版本,在生产环境中导入9.10.3风险还比较大,对于比较敏感的服务,建议先观察一段时间再进行升级。

根据官方的说法,造成这种局面的背景之一,是Corral UI采用了MontageJS框架。由于Montage Studio开发组在Corral开发过程中解散,造成MontageJS框架进度落后,导致了部分浏览器兼容问题的产生。

然而,这种说明不能解释Corral项目品质整体的问题。不知道iXsystems内部究竟出现了什么问题、能否在短期内重整旗鼓完成9.10.3。

Wordfence的log导致WordPress数据库增大

Wordfence是一款由Feedjit开发并运营的WordPress应用防火墙,主要用于监控入站流量、检测并防御针对WordPress的网络攻击。功能涵盖从扫描WordPress主要文件是否遭到更改、是否存在恶意插件(后门)、暴力登录、弱密码攻击,到过滤垃圾留言、分析Google爬虫行为等等非常广泛。

我的Blog安装这个插件已经一年多了,总体状况还算满意。对性能几乎没有(可以主观感受到的)影响,而且通过后台观察统计数据也的确防范了一些攻击(然而没有防御先前的API提权漏洞攻击)。

前些天在整理数据库备份的时候偶然发现,WordPress的数据库这一年以来增大了几乎一倍,而目前托管在我这的几个网站几乎都处于停滞状态,文章和留言几乎都没有增加。

继续阅读Wordfence的log导致WordPress数据库增大

传感器清洁神棒!

手头这台SONY a77多年没有清洁传感器了,表面积了好多灰尘。今天买了一套传感器清洁套装,清洁了一下传感器表面,效果意外的不错。

有多脏呢?看看就知道了。

传感器清洁前(点击查看大图。SONY SLT-A77V,F16、1/10s、ISO-100。TAMRON AF 90mm F/2.8 MACRO,手动对焦,无穷远)

传感器清洁后(点击查看大图。参数同上)

(编辑的时候为了强调灰尘效果,加大了照片对比度。实际拍摄已经完全看不出来有灰尘了。)

 

WordPress 4.7和4.7.1的提权漏洞

WordPress›错误

您的站点遇到了致命错误。

了解更多在WordPress中调试的信息。